オレンジの錠剤
  • ホーム
  • 女性用バイアグラの成分について

女性用バイアグラの成分について

笑顔の女性

バイアグラは、男性用の勃起不全を解消させる薬として活用され、多くの男性の夜の性生活を充実させるために活用されています。
ただ大体は、男性用のための薬が多く、性行為での女性の不感症や性的な興奮を引き起こすための薬として、取り上げられることも少なかったのは事実です。
しかしながら女性用バイアグラの需要や存在も意識され始め、男性と体の機能や作りも違う女性においても女性用バイアグラなる薬が存在しています。
まずラブグラがあり、これは不感症や性的興奮障害を改善する薬になっています。
その主成分はシルデナフィルで、バイアグラと同じ様な血流促進作用があり、クリトリスを始めとする女性器周辺への血流を増大させることで不感症を改善させる働きを持っています。
またウーメラという薬も同じクエン酸シルデナフィルが主成分で、ラブグラとほぼ同じ働きを持っている薬となります。
この二つは以前から導入されている女性用バイアグラの代表的な薬です。
なお2015年にはより効果的な女性用バイアグラとして、効き目にも優れた成分のフリバンセリンという薬が女性の媚薬としても注目されています。
フリバンセリンは元々はうつ病患者の治療目的で開発された薬で、脳に左右し快楽物質であるドーパミンを促進する効果が期待できます。
ドーパミンが促進されると快楽も上昇し、テストステロンというホルモンに働きかけて、性的欲求を起こさせる働きもあります。
不感症を改善し性的興奮までもたらすため、アメリカでも認可されたお墨付きの薬です。
女性用バイアグラとしても効果が高く、ただ用法を守らないと副作用も引き起こすため注意すべき薬となります。
特徴もバイアグラとは効き方も異なり、服用し続けて徐々に効果が出るタイプで、体質によって効果が出る人と出ない人に分かれる薬です。